アサヒビアパーク西宮と有馬温泉の歴史



社員旅行で神戸と有馬温泉に行って来ましたが、社内新聞にその感想等の記事を書く羽目になりました。6/20が締め切りです。アサヒビアパーク西宮の特徴や
有馬温泉の歴史について教えてください。怠けていた私が悪いのですが...


回答

有馬温泉の歴史は、遠く神代の時代、大巳貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が有馬の里に静かにたちのぼる湯煙りを発見したのが始まりといわれています。
奈良時代に医療効果を認めた僧行基が温泉寺を建設、鎌倉時代には僧仁西が薬師如来の十二神将をかたどって十二の宿坊を開いたことが有馬温泉繁栄のきっかけ
となりました。
また桃山時代には豊臣秀吉が千利休をつれて、たびたびこの地を訪れ茶会を開いたことでも知られています。

アサヒビアパークについてはちょっと分かりません。

⇒有馬温泉の秘密 TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。